2005年02月26日

ラーメン二郎@三田本店(1)

ラーメン(にんにくあり)500円 今日は以前から行きたかったラーメン二郎の本店である、三田本店に行ってきた。

 敬愛する松戸駅前店との味比べだ。

 到着したのは10:09。開店から10分ほどしかたっていないのに、もうすでに20人ほどの行列だ。

 30ほど待ってやっと入店。店内はメチャ狭い食べている人にアタック攻撃をしなくては席に座れなかった(おっさん、あの時はすいません)。
 今日のオーダーは「ラーメン (にんにくあり) 500円」。味の評価は以下に

■■  麺  ■■ :極太ストレート麺
 極太なのだが、モチモチしていてスープに良く絡む。やはり旨い、さすが本店。

■■ スープ ■■ :とんこつ醤油
 スープはやはり本店だけあって旨い。だが、あまり背脂がなく(脂抜きとはオーダーしなかったのだが・・・)ちょっと物足りない。俺の好みとしては松戸駅前店のほうが旨く感じる。でも中毒性のあるあの魔性のスープは健在で旨い。

■■  具  ■■ :ぶた(煮豚)、茹でた野菜(キャベツ、もやし)、にんにく
 ぶたは松戸駅前店のパサパサのブロック肉とは違い、分厚いチャーシューであった。その旨さに激烈感動! 程よい肉質に旨い脂で脂っこくなく、今まで食べたチャーシューの中で一番旨い。 松戸駅前店にこのぶたが入っていたら完璧なのに。
 野菜は、キャベツの青い部分の使っており小切りの茹で野菜。松戸店と味が違って新鮮味があった。
 にんにくは、入れたのだがあまりにんにくが主張しなかった。そういうにんにく使ってるのかな? 松戸駅前店はちょっと辛みが加わるんだよ。

■■ 総評 ■■ :★★★☆ (3.5点 - メチャウマ!!)
 さすが本店だけあって旨い。一番の衝撃はぶた。かなり旨い。あのぶたが入っていて500円というのが信じられない。近くに慶応大学があるだけあって、学生価格なのだろう。
 でもスープは、松戸駅前店のほうが旨く感じた(昨夜も食べたしね)。まぁ慣れ(中毒性)のせいなのかもしれないが、背脂がほとんどなかったのが残念だ。
 本店のオヤジは、気さくな感じで他の店員二人と世間話をしながらラーメンを作ってた。あと、常連の人たちに話しかけ盛り上がっていた。ある人は、転勤から帰ってきたらしく仕事の話で盛り上がってたし、ある人は店に入るなり「今度結婚することになりました、招待状送りますからぜひ来てくさい」なんて切り出して盛り上がってたし、なんかアットホームな感じでよかった(店の中はメチャ狭いけどね)。
 朝からのラーメンだということもあるのだが、今回はスープの30%ほど残してしまった。それほど麺が効いてきた。最後はちょっと吐きそうになってしまった(´Д⊂グスン でもおいしくいただきました。
 食べ終わったあと3、4時間ほどたってからもう一軒行こうかなと予定を立てていたのだが、二郎ラーメンの威力が消えず今日のラーメンは終了となりました。


その他の写真

ラーメン二郎 三田本店 店舗外観

blogランキングに参加中♪ 応援お願いします!
posted at 2005/02/26 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎/直系
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。