2006年10月20日

藤巻激場@池尻大橋(1)


Month:16. Year:274.

石神本掲載店。

石神氏がインタビュー記事で絶賛してたので行ってみた。
トムヤムラーメンとのこと。

 
 
 

※今回は店主とのお話が面白かった為、ちょっと詳しく書いてみます。記憶があいまいだけど(^^;


石神本を見てものすごく行きたくなった店が「首里製麺」「藤巻激場」。
ついでなので連食しようかなぁ〜と思ったが。。。

首里製麺は臨休でした(`□´)

なので一路池尻大橋へ。
お店の外観はいたってシンプル。

だが看板の赤黒白のコントラストと「激場」の文字が目を引く。

ラーメン屋らしくない外観にちょっとビビリつつ早速入店。
店内は厨房を囲んだL字カウンター席が配置。
厨房がカウンターより高いので、ちょっと舞台っぽい。キッチンコロシアム?

厨房には店主らしき強面さん。
見た目はEXILEのATSUSHIをほっそりした感じ。
服装もそんな感じ。グラサンも決まってる。
怖いなぁ〜と思ったが、いきなり気さくに話しかけられた。
なんか話し上手で面白い人でした。

一応写真撮影について聞くと、
「全然かまいません。作って私の手を離れたら、もうお客様のものですから」(←ちょっとあいまい)
と気さくにOKしてくれた。

席に着きメニューについて聞く

壁のの看板(上写真)をさして、
「料金は1000円で、赤、黒、白があり基本は赤でトムヤムラーメンとなってます。最初のお客様には赤をオススメしてますがいいですか?」
と聞かれるのたので、赤でお願いした。
詳しく書くとこんな感じらしい。
 赤:トムヤムラーメン
 黒:赤+黒胡麻
 白:赤+ココナッツ
料金:各1000円

待っている間に、カウンター各席に置いてある説明を読んでいてくださいと、言われたのでじっくり読む。

入場料100円!? 意味が分からなく苦笑しながら店主に聞いてみると
「よくお客さんがドアから覗いていくんですよ。どうせ覗くなら入場料100円払って中で堂々と見てくださいと」
確かにドアには丸い覗き穴みたいなものがあり、店内が覗けるようになっている。覗き窓の下にも同じ説明文が張ってある。

話している間にも、2,3組が覗いてた(〃 ̄ー ̄〃)
「今度覗いてたらお客さん、手振ってあげてください( ^∀^)」っだって。
「ここは名前のとおり激場(劇場)ですから、どうぞ見みてくださいってね。ただ、やっているのはラーメンを作っているってことなだけでね。」
と、かなり面白い会話で待ち時間を過ごせた。

あ、オレが石神本を見てきたって言ったら、
「初めは何回も断っていたのだが、熱心に通ってくれて説得されました」
と言ってた。

舞台上の店主を観ながら待つこと数分、注文の品が来た。
提供されたらまず説明を受ける。
・レモンをかけて食べてください。
・ご飯は、麺を食べ終わった最後にスープ下に挽肉が沈んでいるので、穴あきレンゲで掬ってご飯の上に乗せる。最後に普通のレンゲでスープをかけて食べてください。
ご飯は面白い趣向だなぁ〜と思いつつ食べてみた。


味の感想を以下に。

□□ メニュー □□ : 赤(トムヤムラーメン) 1000円




■■ 麺 ■■ : 中太平打ちストレート麺



麺はなかなかうまい。低加水でちょっとモッチリ感はない。カタメの茹で。
最初はスープとの絡みはイマイチかなぁ〜と思ってたが、中盤から麺がスープをすってかなりうまかった。
最初は麺よりスープを飲むので、計算されているのかな。

■■ スープ ■■ : トムヤム



うんめぇ〜
酸味辛味がちょうどよく、深みがある激うまスープ。
トムヤムと聞いてスープ単体ではうまくても麺との相性はイマイチだろうと思っていたのだが、これが期待を裏切られてすばらしくマッチしてた。
塩加減が絶妙でスープ単体としてうまく、麺と一緒にすすってもうまいというすばらしいものだった。

■■ 具 ■■ : 花、レモン、香草、魚の練り物、糸唐辛子、千切り人参、薄切りセロリ、もやし、しめじ




具沢山でうまいね。
肉系の具材はなくて、野菜がふんだんに入ってる。
こういうところは、女性客受けしそう。
魚の練り物は、なんかおでんに入ってそうなもので、よく分からなかった(あんまり味を覚えてない(^^;
でも、ぜんぜん男性でも満足できる。

あ、肉系の具材はないと書いたが、スープ底には挽肉が潜んでいた。
でも麺を食べ終わるまで全然出てこなかったので、スープを全部飲むか、説明されないと気づかないかも。

最後の〆は食べる前に説明されたように、ご飯に盛り付けてみた。
これがまたうまいだよ〜
挽肉の旨味とスープがよくあっててご飯がすすむ。
※ちなみにご飯はお代わりができるそうです。

■■ 評価 ■■ : ★★★★☆(4.7)


いや〜面白かったし、うまかった。
1000円という値段は微妙だが、損した気分にはならないね。
こりゃ近いうちに再訪必死だね。
次は黒を。




■■ 詳細データ ■■


[店名] 藤巻激場(ふじまきげきじょう)
[住所] 東京都世田谷区池尻3-19-5
[地図] Mapion(スクロール) Mapion(ベーシック)
[電話] 03-5481-5838
[アクセス] 東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩3分
[開演時間] 12:00〜14:00/18:00〜22:00、土日祝12:00〜15:00/18:00〜22:00
[定休日] 不定休





blogランキングに参加中♪ 応援お願いします!
posted at 2006/10/20 20:00 | Comment(0) | TrackBack(4) | オススメ
この記事へのトラックバック

藤巻激場(池尻大橋)
Excerpt: 今年240杯目 赤 さっき行った表亭がかなり軽かったのですぐそばのこちらにも行ってしまった。写真撮影不可らしいので写真はなし。入口は店名は書いてあるもののらーめんとはどこにも書いていないので何の..
Weblog: ラーメンに魅せられて・・
Tracked: 2006-10-25 00:07

藤巻激場@池尻大橋
Excerpt: てなわけでギムラザーンとともに、先日購入した黒い石神本に新しく掲載されていた池尻大橋のお店、「藤巻激場」に行ってきた。 このお店は一律1000円という料金で、「赤」「黒」「白」というメニューから..
Weblog: 小麦色の風に吹かれて ラーメンを食べよう
Tracked: 2006-10-25 00:17

音以外のここんところ
Excerpt: <p> レッズが引き分けた後のガンバのロスタイムゴールも凄かった。... うちの近所に藤巻激場 というとてつもなくディープなタイラーメンの店があるのですが、今日その前を通ったら mixi藤巻激場応援コミュ..</p>
Weblog: 猫社長のmao日記-reloaded-
Tracked: 2006-11-27 16:09

藤巻激場@池尻大橋
Excerpt: てなわけでギムラザーンとともに、先日購入した黒い石神本に新しく掲載されていた池尻大橋のお店、「藤巻激場」に行ってきた。 このお店は一律1000円という料金で、「赤」「黒」「白」というメニューから..
Weblog: 小麦色の風に吹かれて ラーメンを食べよう
Tracked: 2007-02-15 11:50
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。